読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国ニャンズの夢

韓国のこと、猫のこと、猫好き主婦の気ままな日常

韓国「〈鳥インフルエンザ(AI)猫狩りはダメ〉」

あけましておめでとうございます🎍

韓国も元旦ではありますが、旧正月の方がメインなので、あまり普段とかわりないです(´・ε・̥ˋ๑)

鳥インフルエンザ(AI)が猫の死体から検出され、猫に対する処分を心配する声が聞かれています

韓国「〈鳥インフルエンザ(AI)猫狩りはダメ〉」

f:id:kankokuneko:20170101164029j:image

京畿道ポチョンで鳥インフルエンザ(AI)に感染した猫の死体が発見されたことに関連して"動物保護市民団体KARA"が

「京畿道の関係者が主要都市・郡に野良猫の殺処分を要請した」

という一部マスコミの報道は誤報という声明を31日発表しました

KARAはさらに

「捕獲され、検疫本部で現在、鳥インフルエンザ感染の検査中の猫4匹について、殺処分をする方針がないことを京畿道庁の公式立場として確認した。京畿道だけではなく防疫を総括する農林畜産食品部も、猫の殺処分はないことを明確にした」

と明らかにしました

KARAはさらに

鳥インフルエンザが猫に感染したので、猫も殺処分うんぬんという発言は方向を失った生き埋め防疫から出ている。現在まで猫から人に鳥インフルエンザが感染した事例は"世界にたった1件"に過ぎない。生き埋め殺処分は成すべきことではない  、究極的に畜産環境の根本的な変化を図るべき時期に、一部のマスコミが"猫の殺処分を要請した"という誤報を流したのは、人々に科学的根拠もなく、恐怖心を誘発する一方、家禽類2860万羽を殺し追加的に罪のない動物達の被害を誘発する非常に無責任な行動」

だと明らかにしました

KARAはまた

「今回の鳥インフルエンザの猫の感染と関連し、農林食品部と京畿道での猫の殺処分はないと公式立場を明らかにしたのは幸いなことだ」

としながらも

「政府は、家禽類ではない動物の場合にも殺処分できるという根拠をつけて、2015年には発生農場周辺の犬2匹を殺処分した前歴があるだけに、治療が必要な鳥インフルエンザに感染した猫達をどう取り扱うか注意深く見守る」

と付け加えました

        ------

以上が要約した内容です

2015年の鳥インフルエンザ発生時、発生農場周辺にいた犬2匹を殺処分したとは知らなかったです😥

昨年度、鳥インフルエンザ感染防止の為に行った殺処分は実際は生き埋めでした

犬も生き埋めにしたのでしょうか😭

今回猫の死体から鳥インフルエンザ(AI)が検出されたということで、上の記事のように猫を殺処分するという誤報も流れましたが、公式的に殺処分しないと正されたことは、とても幸いなことですが、このことをきっかけに、野良猫を虐待するなどの残虐な行為をする者が出てこないといいのですが...(∩´﹏`∩)

そして野良猫までに感染が拡大してしまったのは政府の無能さが一番の原因でしょう...😞💨

どうかこれ以上、動物を犠牲にしないでください!!!

読んで下さってありがとうございました🙇

               ▽

にほんブログ村 元野良猫・元保護猫

💖にほんブログ村 猫ブログ

にほんブログ村 韓国情報

人気ブログランキングはこちらです(・ω<)-☆

👇👇ポチッとして💓👇👇


にほんブログ村


にほんブログ村