読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国ニャンズの夢

韓国のこと、猫のこと、猫好き主婦の気ままな日常

韓国の食材③「ひめらっきょうの葉(영양부추)ヨンヤンプチュ」

 

こんにちは~

皆さんはニラは好きですか?

私は日本にいた時は、そんなに好きな野菜ではありませんでした

幼い時は、母親が時々ニラ玉を作るくらいで、それも美味しいと思える料理ではありませんでした(プロの作ったものは美味しかったかも?(笑))

ニラが入った餃子は大好きだったんですが、肉と混ざってるから美味しいのであって、ニラを好きなわけではないので…( ¯▿¯ )

そして韓国に移り住み、韓国料理を作り食べるようになると、ニラは料理には欠かせない野菜となりました

キムチ、チヂミ、汁、チゲetc..

実は昨日もニラを買ったのですよ~🌱
f:id:kankokuneko:20170418151655j:image

この量でセール価格1800ウォンでした!やすっ(・∀・)

夏だとこの量で1000ウォンくらいになっちゃいますΣ(・ω・*ノ)ノ

以前、日本に帰省した時ニラの値段を見たら、一握りくらいの量で、値段は結構したのを覚えています

まぁ日本だと普通の値段なのですが、韓国での量と値段でいつも買っていたので、とても高く感じてしまいました

韓国生活が長くなり、今ではとても重宝している野菜ですが、韓国生活新米の頃は、反対に困った野菜でした(笑)

最近では一人暮らしの人も増え、少量の野菜も売っていたりしますが、基本的には野菜は家族用の量で売られています(大きなお店では少量でも売られていますが)野菜ミックスが売られるようになったのもここ五年くるい前からでしょうか…

なので、旦那と二人で韓国料理もまともにできない私が、量の多い野菜を買っても、使いきれるわけがない(笑)

特にニラは葉が傷むのが早いので、使いきれずによく捨てるはめに...もったいないですね😢

そんな時、ニラの売ってるすぐ近くに小さ目の?ニラを見つけました

名前を見ると「영양부추(栄養ニラ)」と書いてあります(発音は〈ヨンヤンプチュ〉)

「영양(ヨンヤン)」とは日本語の「栄養」にあたります

「栄養ニラ?」

普通はそう思いますよね~(((uдu*)ゥンゥン

「普通のニラよりも小さいけど栄養価がぎっしり詰まっているんだ!」

と思い、即購入!

普通のニラより葉は細く短めですが、味は普通のニラとあまり味も変わらないし、何よりも多すぎて使い切れないということもなし。一石二鳥です

普通のニラの代わりに「栄養ニラ」を買うようになった私は、ある日旦那と買い物に行った時

「栄養のある栄養ニラ、どこかな~」

なんて探していると、旦那が

「栄養ニラ?(´▽`) '` '` '`栄養があるから栄養ニラじゃないぞハハハ…」

と笑われてしまいました(´-3-`)

そして年月は過ぎ、今日の今日まで知らなかった真実!

ブログを書くにあたり調べてみました📝

★韓国の食材③「ひめらっきょうの葉(영양부추)ヨンヤンプチュ」
f:id:kankokuneko:20170418144453j:image

●名前「영양부추(栄養ニラ)」の由来

普通のニラよりも栄養価が20倍以上たくさん含まれていることから「영양부추(栄養ニラ)」とつけられたそうです

やっぱり、栄養価はあるようです👍

●別名「실부추(シルプチュ)(糸ニラ)」

葉が糸のようなので(糸ニラ)とも呼ばれます

そして「영양부추(栄養ニラ)」は日本語では何と呼ばれているのでしょう?

翻訳機にかけても、「栄養ニラ」としか出ず...日本のサイトで検索して見ても、何も出てこない…(ノω`)

困り果てて、韓国サイトで調べてみると、英語でこう書かれていました

●学名 : allium anisopodium

この英語を日本語に訳すと…('_'?)...ン?

●日本名〈ひめらっきょう〉

ひめらっきょう!?

ニラではなくらっきょうですか?

らっきょうといえば、あの白いにんにくみたいなものしか想像できないので、何度も、

「え?ウソ~!」

と心の中で、かなり動揺Σ(・ω・ノ)ノえっ!

韓国の「영양부추(栄養ニラ)」と日本の「ひめらっきょう」を比べてみると、確かに似ています

ムムム(´⌒`)
 f:id:kankokuneko:20170418145059j:image

                         「영양부추(栄養ニラ)」の花

ユリ科 

●ネギ属 : 韓国のサイトではニラ属と書かれていましたが、ニラ・にんにく・ネギ・らっきょうを含めてネギ属と呼ぶようなので、間違ってはいないですね

らっきょうは、ユリ科ネギ属なので、葉をネギ・ニラと考えるのも、うなづけます(  ˙◊˙  )

日本の一般のらっきょうも別名「オオニラ」「サトニラ」と呼ばれています

ニラなんですね~!

ひめらっきょうは山などに生えている植物で、日本では特には食べられてはいませんが、らっきょうはを韓国でもよく食べられています

「락교(ラッキョ)」と発音もそのままでお寿司屋に行くと、必ず添えられています

韓国のらっきょうは、ほとんど中国からの輸入製品で、韓国産のものは、日本の漬物用のらっきょうと同じ品種を使用していると思われます

反対に「栄養ニラ」はが若く柔らかい内に葉を切りとって、販売しているようです(ΦωΦ)ホホォ…

なんだか不思議ですね~(´º∀º`)アラマァ

少々値段は高いですが、普通のニラと使い道は同じなので、チヂミ、キムチ、ソースetc……

そして細いのでサラダにも最適ですので、機会があれば、ぜひ「영양부추(栄養ニラ)」を料理に取り入れてみて下さいね^^

最後に...私が、個人的に調べた結果なので、もしかしたら間違っているかもしれません(情報があまりなかったので💦)

間違った部分があれば、ぜひぜひ、ご指摘の方よろしくお願い致します(人'ω')パン!

読んで下さりありがとうございました

面白かったら、下のニャンコの写真をワンクリックして頂けると、励みとなります😽👇

 興味のある方はこちらもどうぞ😉

               ▽

にほんブログ村 元野良猫・元保護猫

💖にほんブログ村 猫ブログ

にほんブログ村 韓国情報

人気ブログランキングはこちらです(・ω<)-☆

👇👇ポチッとして💓👇👇


にほんブログ村


にほんブログ村