読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国ニャンズの夢

韓国のこと、猫のこと、猫好き主婦の気ままな日常

韓国「国会に少女像建てよう」

 

★韓国「国会に少女像建てよう」

2017.4.04

3・1節の1日、ソウル鍾路区旧日本大使館前で開かれた'日本軍性奴隷制問題解決に向けた第1272回定期水曜集会'で慰安婦少女像の後ろで参加者たちが韓日合意無効、日本政府の公式謝罪と法的賠償を要求し、叫んでいる。
顔を潰された安倍の少女像に対する、逆らった行動

日本政府の歴史歪曲行動、

次期韓国政府、慰安婦の再交渉

安倍晋三日本首相が結局、顔を潰された。安倍首相が釜山日本総領事館前の日本軍慰安婦少女像の設置に抗議し、帰国させた、長嶺安政在韓日本大使を4日、ソウルに戻るようにしたのだ。

帰国措置を取ってから85日ぶりに何ら得たものもなく韓国帰任措置を取ったわけだ。日本軍慰安婦少女像の設置問題に限定すれば、事実上'白旗'をあげたも同然だ。対内外的に、わざと逆らった行動だけが目立った。

安倍首相は同日、長峰大使を官邸に呼び、"韓国に、慰安婦の合意を着実に履行するように促すなど、最善を尽くせ"と呼びかけた。

                                    日本の安倍晋三首相。

ニューシース

菅義偉官房長官も"黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行に対して、慰安婦の合意事項の順守など日本の立場を明確に伝えさせよ"、"韓国の次期政府も合意を履行するように情報収集と活動に万全を期することだ"と長峰大使に指示したとNHK放送が伝えた。

長峰大使は同日、金浦空港に到着して"黄権限代行達と会って、慰安婦の合意を履行するよう強く要求する方針だ"と話した。

安倍首相や菅官房長官の発言は日本支持層をなだめるためのジェスチャーと思われる。韓国政府が日本の要求を受け入れないことをよく知っていながらも、日本の世論が悪化するのを防ぐため、強力な指示を出したものと観測される。

韓国政府は民間団体が少女像を設置したので政府が関与できないという立場を固守している。正しい行動だ。チョジュンヒョク外交部報道官は定例会見で"少女像と関連した政府の立場はすでに何度も公開的に明らかにしたことがある"、"そのような立場で、日本と協議する"と話した。

長嶺安政在韓日本大使が4日午後、金浦(キムポ)空港で、俯いたまま帰任している。

ニューシース

長峰大使を本国に呼び戻した安倍政府が実益のない外交強硬な対策を維持するには、韓国情勢と北朝鮮の核問題があまりにも緊迫していると判断したようだ。長峰大使が"北朝鮮問題をめぐる協力をはじめ、日本と韓国が協力して連携していくことがこれからもとても重要だ"と言ったところで、日本政府の本音を読み取ることができる。

安倍政府が韓国の次期政府の合意の履行を強調したのも、無意味に終わる可能性が非常に高い。大統領選挙候補5人が韓日政府が締結した日本軍慰安婦の合意を破棄して再交渉を要求しているからだ。

文在寅(ムン・ジェイン)候補、安哲秀(アン・チョルス)候補、洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補、劉承ミン(ユ・スンミン)候補、沈相ジョン(シム・サンジョン)候補が、合意破棄と再交渉に重点をおいている。

韓国民間団体が推進する少女像建設問題に対し、安倍政府が韓国政府の介入を要求することは、時代錯誤的な発想だ。日本では、政府が民間団体の活動を左右できるかもしれないが'ろうそくデモ'を経験した韓国では夢にも思うことができないことを肝に銘じなければならない。

今回の機会にシム・サンジョン正義党大統領選候補が提案したように国会の中に少女像を建設する案を積極的に推進する必要がある。民間団体と政治家が推進すれば、日本政府の'干渉'を十分に無力化させることができる。

山東区日本総領事館の前に設置された平和の少女像を訪れたある市民が携帯電話のカメラで少女像の姿を写している

ニューシース

日本政府の歴史歪曲は深刻な水準に達した。最近は独島周辺の島々に日本式地名まで付けた。日本の国土地理院が独島の主要2つの島である東島と西島をそれぞれ(女島)と(男島)と命名するなど、11島に、日本式の名前を勝手に付けたのだ。

盗人猛々しいにもほどがある。日本政府は韓国の民間団体が推進する少女像建設問題に'干渉'しないで、歴史歪曲振る舞いを止めなければならない。

------------

韓国語記事を翻訳したのでお見苦しい部分がありましたらすみません

 興味のある方はこちらもどうぞ😉

               ▽

にほんブログ村 元野良猫・元保護猫

💖にほんブログ村 猫ブログ

にほんブログ村 韓国情報

人気ブログランキングはこちらです(・ω<)-☆

👇👇ポチッとして💓👇👇


にほんブログ村


にほんブログ村