読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国ニャンズの夢

韓国のこと、猫のこと、猫好き主婦の気ままな日常

「3年間隔離中の攻撃的なチャウチャウ犬、人間に対する信頼回復プロジェクト」(TV動物農場)

こんにちは

今日は「TV動物農場」でとても感動的な話があったので紹介したいと思います😊

「3年間隔離中の攻撃的なチャウチャウ犬、人間に対する信頼回復プロジェクト」(TV動物農場 

 忠清道のある農場で飼っているタミという犬は毎晩柵から脱出していました

柵の下の小さな隙間から身をかがめて抜け出していたのです

タミが抜け出す理由は、片隅に隔離されているチャウチャウ犬モンイに会うためでした

タミはモンイの息子です
f:id:kankokuneko:20161211195317j:image

しかしモンイは人間が接近すると突然攻撃的になり過去にも人に2度も噛み付いていました

最初の飼い主はモンイにトリミングしている際に噛みつかれ、その後飼い主はモンイに冷たくなりモンイの心は傷ついたようです

2番目の飼い主は、モンイが元気がないので餌を与えたりしてなだめようとした際に突然攻撃的になったといいます

3度目の今の飼い主にも、同じ様な状況が続いていました

一瞬にして攻撃的になるチャウチャウ犬モンイ。飼い主は毛1本も触れることができずに3年間が経過しました

飼い主はいつ突然攻撃的になりかねないモンイのそばに、モンイの息子タミがいることを心配してモンイを隔離したのです

しかし心配とはうらはらに夜中に柵から抜け出し会いに来たタミに対して、モンイの攻撃的な行動は1つも見られずお互いに嬉しがっている様子でした
f:id:kankokuneko:20161211151106j:image

モンイの孤立した生活に新しい環境が必要だという診断が出ました

飼い主と共に訓練所に入所しました
f:id:kankokuneko:20161211150521j:image

「モンイは幼い時に叱られ罰を受けたので人と目を合わせることに対して良くない記憶があるようです」訓練所の所長さん。
f:id:kankokuneko:20161211151330j:image

f:id:kankokuneko:20161211152159j:image

悲しい目...😢

そして飼い主に出されたミッション!

『モンイと目が合ったら、モンイの大好物の鶏のささみを御褒美に与えること』

人と目を合わせたら嬉しい事があるということを印象づけるのだそうです
f:id:kankokuneko:20161211152851j:image

全ては飼い主の手にかかっている!!
f:id:kankokuneko:20161211152906j:image

飼い主もなん度かモンイに噛まれているので、ミッションの内容に最初は面食らっていましたが...
恐る恐る言われた通りにモンイと目が合ったら鶏のささみを与えます

訓練所の所長から

「怖がらないで下さい」

と言われます( ¯▿¯ )
f:id:kankokuneko:20161211153544j:image

頑張れ💪

ミッションを5日間続け、とうとうモンイが入っている柵をどける日がきました😱
f:id:kankokuneko:20161211154016j:image
f:id:kankokuneko:20161211154041j:image
驚くべきことに柵を開けると、モンイは飼い主の元に走り寄って来ました(^○^)v ヤッター

(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

3年ぶりにモンイを撫でてみようと…

勇気を出して!
f:id:kankokuneko:20161211154450j:image

モンイはじっとしています

(ノ゚ο゚)ノ オオォォォー

訓練所に入所する前だったら、きっと噛まれていたでしょう!
f:id:kankokuneko:20161211171859j:image

「1度も触ったことがなかったのに、人の手が恋しかったようだ。じっとしているね、触っても」

そして三年間、放置されていた毛もトリミングを行いました
f:id:kankokuneko:20161211192526j:image

〈ビフォー・アフター〉

すっきりして可愛らしくなりました(∩´∀`∩)
耳の回りに皮膚病はがありましたが、健康には特に以上はありませんでした

f:id:kankokuneko:20161211154849j:image

「自由に散歩もして楽しめそうです」

最後に飼い主の方の話された言葉が印象的でした
f:id:kankokuneko:20161211173615j:image

やはり人から受けた傷だから人が治療してあげなければいけないでしょうネ私が最後までモンイと一緒に過ごします

      ------

 以上が話の内容です

最後の飼い主の方の言葉は当たり前の事なのですが、多くの飼い主が守れずに結局は治療を受けれず捨てられ多くのペットは保護センターに収容されています(´;ω;`)

それだけペットが生命を持った生き物ではなく飽きたら捨ててもいい物のような存在に思う人が多いことに残念でなりません

モンイ君は3番目の今の飼い主がよい方だったので幸運ですが、たくさんのペットが傷ついたまま治療もされず殺処分されていると思うとやり切れない思いになります😢

もし自分のペットが噛み付くのであれば、モンイ君が行ったアイコンタクトの後に御褒美を与える方法を試して見るのもいいかもしれませんね~👍✨

日本でもそうですが韓国でもペットショップで買わずに動物保護センターのペットの里親になろうという動きが広がってはきていますが、それでもペットショップで買う人はあとをたちません

買う人がいなくなればペットショップも廃業になるのに...

モンイ君のように幸せになるペットが1匹でも増えてくれる事を心から願ってやみません

モンイ君とタミ君、良かったネ~😊

読んで下さってありがとうございました<m(__)m>

�興味のある方はこちらもどうぞ

               ▽

にほんブログ村 元野良猫・元保護猫

💖にほんブログ村 猫ブログ

にほんブログ村 韓国情報

人気ブログランキングはこちらです(・ω<)-☆

👇👇ポチッとして💓👇👇


にほんブログ村


にほんブログ村